いまさら聞けない、排尿のしくみ


介護のプロ道場、今日のお題は
「排尿のしくみ」です。

それでは問題です!
排尿の指令は大脳から出ている。

正解は◯×どちらでしょう?

 介護のプロ道場 

 

正解は、◯ でした!

 

【今日の解説 排尿のしくみ

尿意を感じた後、排尿してもいいよ!という指令は大脳から出ています。

約150〜200mlの尿が膀胱にたまると、膀胱から「尿がたまってきた」という信号がでて、脊髄を通って大脳に届き「尿意」として感じます。

尿がたまると、膀胱の筋肉は緩み、尿道の筋肉は収縮します。そのため、尿意を感じても尿をためておくことができるのです。

排尿するかどうかは大脳が判断します。

排尿する準備(トイレに入って、衣服を下ろす)が整うと、大脳が指令を出し、膀胱を収縮させ、尿道を緩ませて尿を出します。

 

膀胱と尿道は逆の働きをしながら、尿をためる(蓄尿)尿を出す(排尿)のコントロールを行っているのです。

加齢により、膀胱や尿道の筋肉が弱くなり、このコントロールがうまくできなくなり、尿意を感じると我慢できないのが、切迫性頻尿です。

 

寝ている時に尿がたまってくると、トイレの夢を見た、という経験がある方もいらっしゃると思います。

尿意を受け取って、ここで排尿してよいのか?と一生懸命、脳が判断していたんでしょうね。

 

人の身体って本当によくできていますね。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい