糖尿病コントロールってどうするの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「高齢者の糖尿病コントロール」です。

それでは問題です!
糖尿病高齢者は、しっかり運動した方が良い。

正解は◯×どちらでしょう?

IMG_1368

 

正解は、× でした!


【今日の解説  高齢者の糖尿病コントロール】

糖尿病とうまく付き合っていくためには、高齢者でも食事運動薬物の3つの療法が基本です。

しかし、無理な運動は、加齢により弱くなっている心肺機能や足腰に負担をかけてしまうこともあります。

運動療法を始める前には、主治医のアドバイスを受け、体力に合った範囲内で行うことが大切です。

以下に糖尿病コントロールの基本についてあげてみますね。


(1)食事療法

糖尿病と診断されたら、日々の活動に合わせた適切な量の食事をする必要があります。

食べてはいけないものはありませんが、自分にあった分量の食事で、必要とするすべての栄養素をとるようにします。

 

(2)運動療法

余分なエネルギーを消費するために、運動療法を行います。

高齢者は心肺機能や足腰に負担がかからないような工夫が必要です。

・具合が悪くなった時に、人に声をかけられる場所で運動する。

・運動時には、準備体操、整理体操も行う。

・天候や体調が悪い時は、無理をせず運動を休む

・胸が苦しくなったり、足腰が痛む時は運動を中止し、主治医に報告する。

糖尿病の薬を使用している人は、ブドウ糖や飴、チョコレートなどを携帯し、低血糖に備える

 

(3)薬物療法

血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリン注射があります。

食事療法や運動療法で効果が出ない場合に薬を使います。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい