なぜ物を盗られたって思ってしまうの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「物盗られ妄想とその対応」です。

それでは問題です!
物盗られ妄想の根本は記憶障害である。

正解は◯×どちらでしょう?

 IMG_1505

正解は、 ◯でした!

【今日の解説 物盗られ妄想とその対応】

「しまった場所を忘れる」のは認知症の人に多く見られる「記憶障害」という中核症状です。

そのために、財布や通帳が無くなった、と思ってしまいます。

盗られたと訴えるものは、財布、通帳、思い出の品など、本人が大切にしているもの必要なものが多いようです。

 

人に頼らず、自立して生きていきたいという気持ちの強い人では、「自分が忘れるわけがない」と思っているため、誰かが盗んだということで、つじつまを合わせようとするのです。

記憶障害という中核症状に、自立心が強いという性格や、家族状況、生活環境が影響して起こる周辺症状です。

家庭で生活している場合に犯人とされるのは「身近な他人」である嫁、あるいは介護職が疑われることもよくあります。

 

物盗られ妄想は、認知症の初期に特有の妄想です。

記憶障害を周囲が気づく前から、この妄想が目立つ場合もあり、繰り返し疑われる介護者にとっては、心理的に負担が大きい症状です。

介護者に、なぜ物盗られ妄想が起こるのか説明し、疲れきってしまわないような支援が必要です。

物盗られ妄想が起こった場合には、なくなった物(しまった場所がわからない物)を一緒に探す事も有効です。

介護者は、本人が探しものが見つからず困っていることに共感し、一緒に探します

探し物が見つかったら、一緒に喜んで、決まった場所に置くようにしてみます。

盗られたと訴えている物が見つかった場合に、「ここにあるじゃないか!」と強い口調で問いただしても、「自分が忘れるわけがない」と思っていると、「盗んだ人が元に戻した」というように妄想を強めてしまうこともあります。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい