O157って一体何者?


介護のプロ道場、今日のお題は
「腸管出血性大腸菌O157の基礎知識」です。

それでは問題です!
大腸菌は全て下痢を起こす原因になる。

正解は◯×どちらでしょう?

O157 出血性大腸炎

正解は、× でした!

【今日の解説 腸管出血性大腸菌O157の基礎知識】

大腸菌は、人や動物の腸内にも存在し、ほとんどのものは無害です。

下痢などの消化器症状を起こすものを病原大腸菌と呼び、その中でも毒素を産生し、出血を伴う腸炎を起こすものを腸管出血性大腸菌と呼びます。

 

腸管出血性大腸菌の代表的なものは「O157」で、そのほかに「O26」や「O111」などがあります。

腸管出血性大腸菌O157の感染では、約半数の方が約3~8日の潜伏期間の後、頻回な水様便が起こります。高い熱は伴いません。

さらに激しい腹痛を伴い、血便が出ます。これが出血性大腸炎の特徴的な症状です。

成人のほとんどは、特別な治療を行わなくても、5~10日間で症状はなくなります。

 

しかし、激しい腹痛と血便の症状が出た方の6~7%が、症状が出てから5~7日後くらいに、溶血性尿毒症症侯群( Hemolytic Uremic Syndrome:HUS)や脳症などの重い合併症を発症するといわれています。

溶血性尿毒症症侯群(HUS)とは、O157が作り出す「ベロ毒素」により、赤血球が壊れ、血小板が少なくなり、腎臓の血管に炎症が起こることで、急性腎不全を起こした状態のことです。

 

初期には、顔色不良、乏尿(尿がほとんど出なくなる)、浮腫、意識障害などの症状が見られます。

溶血性尿毒症症侯群(HUS)は、子どもと高齢者に起こりやすいので、激しい腹痛血便がある場合には特に注意が必要です。

腸管出血性大腸菌によって、腸炎(食中毒)を起こした場合の治療は、抗生物質の使用、水分補給、安静、です。

市販の下痢止め自己判断で使うと、ベロ毒素が体内にとどまりやすくなってしまいます。

水様便が続いて脱水症状を起こしたり、血便が出るようなら、早めに受診するが大切です。

 

腸管出血性大腸菌の感染経路は経口感染です。

菌がついた飲食物や、便に含まれている菌が手につき、口から入ることによって感染します。

飲食物からの感染を防ぐためには、加熱や洗浄が必要です。人から人への感染を予防する基本は手洗いです。

 

腸管出血性大腸菌は、同じ空間にいたり、唾が飛んだりして感染するものではありません。

出血性大腸炎を起こした方が、差別や偏見を受けることのないようにしましょう。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい