食中毒を起こさないための食品の取り扱いは?


介護のプロ道場、今日のお題は
「食中毒予防のための食品の取り扱い」です。

それでは問題です!
食中毒が発生しているのは飲食店だけである。

正解は◯×どちらでしょう?

食中毒予防 感染予防

正解は、× でした!

【今日の解説  食中毒予防のための食品の取り扱い】

食中毒が発生する最も多い施設は飲食店ですが、次に多いのは家庭です。また介護施設で発生すると高齢者の特性から重症化することが問題になっています。

食中毒の原因は、O157サルモネラなどによる「細菌性食中毒」、ノロウイルスなどによる「ウイルス性食中毒」が大半を占め、その他にも毒キノコフグなどの「自然毒」、殺菌剤などの「化学物質」などもあります。

身の回りの簡単な注意で食中毒は予防することができます。

 

今日は6つのポイントで、食品の取り扱いの注意点を紹介しますね。

1、食品の購入

・生鮮食品は新鮮な物、消費期限などを確認し、購入しましょう。

・生鮮食品などは、購入したら寄り道せず、まっすぐ持ち帰るようにしましょう。

 

2、家庭での保存

・生鮮食品などは、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。

・細菌の多くは、10℃で増殖がゆっくりとなり、−15℃で増殖が停止するため、冷蔵庫は10℃以下冷凍庫は、−15℃以下に保ち、早めに使いきるようにしましょう。

・冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎに注意しましょう。目安は7割程度です。

 

3、下準備

・肉、魚、卵などを取り扱う時は、取り扱う前と後に必ず手指を洗いましょう。

・ラップしてある野菜やカット野菜もよく洗いましょう

・包丁、食器、まな板、ふきん、たわし、スポンジなどは、使った後すぐに、洗剤と流水で良く洗いましょう。

・包丁やまな板は、肉用、魚用、野菜用と別々にそろえて、使い分けるとさらに安全です。

・包丁、食器、まな板などは、洗った後、熱湯をかけたり、たわしやスポンジ、フキンは定期的に漂白をしましょう。

 

4、調理

・加熱して調理する食品は十分に加熱しましょう。中心部の温度が75℃以上1分間以上加熱することです。

・料理を途中でやめてそのまま室温に放置すると、細菌が食品に付いたり、増えたりします。冷蔵庫に入れ、再び調理をするときは、十分に加熱しましょう。

※O157は室温で15分くらいおくと、2倍に増えると言われています。

 

5、食事

・食卓に付く前に手を洗いましょう。

・清潔な手や器具を使い、清潔な食器に盛りつけましょう。

・温かい料理は75℃以上、冷やして食べる料理は10℃以下を目安にしましょう。

 

6、残った食品

・残った食品を扱う前にも手を洗い、きれいな器具、皿を使って保存しましょう。

・残った食品は早く冷えるように浅い容器に小分けして保存し、時間が経ち過ぎたら、思い切って捨てましょう。

・残った食品を温め直す時も十分に加熱しましょう。目安は75℃以上で、味噌汁やスープなどは沸騰するまで加熱しましょう。

 

これらの注意点を職場や家庭に、これらの注意を張り出すのも効果的ですね。

厚生労働省が作成したポスターがあります。ぜひ活用してみてください!

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい