たばこの害、わかっているけどやめられないのはなぜ?


介護のプロ道場、今日のお題は
「たばこの依存性」です。

それでは問題です!
たばこをやめられないのは意思が弱いからである。

正解は◯×どちらでしょう?

たばこの依存性 介護のプロ道場

正解は、× でした!

 

【今日の解説 たばこの依存性】

たばこをやめられないのは、たばこの煙に含まれるニコチンが、麻薬にも劣らない依存性をもつからです。

どうしてもたばこをやめられない人は、ニコチン依存の状態になっている可能性があります。

 

には、ニコチンが結合すると快感を生じる受容体(α4β2ニコチン受容体)があります。

たばこを吸うと、ニコチンは肺や口の中の粘膜、皮膚からも吸収され、数秒以内に脳細胞に達します。

ニコチンがα4β2ニコチン受容体に結合すると、快感を生じさせる物質(ドパミン)が放出されます。

ニコチンは体内から消失するのも速いため、ヘビースモーカーと言われる人では、喫煙後30分程度でニコチン切れ症状が出て、「次の1本」を吸いたくなります。

 

喫煙者は、ドパミンによる快感を回復させようとニコチンを体に入れたくなり、イライラしてしまいますが、実はこのイライラ感は、たばこを吸ったことによって起こっているのです。

この感覚は、喫煙してニコチンを供給することでしか解消されないので、やむを得ず、次の喫煙行為に向かわざるを得ないのです。

これがたばこをやめることが難しい理由です。

 

また、食後に喫煙したくなる理由は、食後にドパミン放出がされないため、食後に何か物足りないと感じてしまいます。

そこで、食後に喫煙してドパミンを脳内に供給しないと「食後の満足」が得られなくなっているのです。

 

禁煙すると、体の中から「ニコチン」がなくなることから、個人差はありますが、禁断症状(離脱症状)がでてきます。

主な禁断症状としては、「イライラする」「眠気がある・ボーっとする」「無性にタバコが吸いたくなる」などが挙げられます。

この禁断症状を我慢することができずに、禁煙をやめてしまう人も多いようですが、禁断症状が現れる期間は、通常、禁煙開始から2~3日程度、長くても1週間程度で徐々になくなっていきます。

 

ガムや飴(糖分の少ないもの)、干し昆布などで、水分、歯磨きなどで、口寂しさを紛らわす方法があります。

しかし、禁断症状を強く感じる人は、禁煙補助剤を使用すると、2〜3倍の効果があると言われています。

ニコチンパッチやニコチンガムは、最低限のニコチンを体内に補充し、禁断症状を防いで、禁煙を続けやすい状態をつくります。

ニコチンを摂りながら、依存に陥らないのは、喫煙ほど血液中のニコチン濃度が急激に高く上昇せずに、禁断症状が現れない程度の低い濃度で、血液中のニコチンが安定するからです。

 

内服薬のチャンピックスは、バレニクリン酒石酸塩という成分が、脳内のニコチン受容体に結合して少量のドパミンを放出します。

チャンピックスを服用する事により、有効成分が先回りして、ニコチン不足からやってくるタバコを吸いたいという禁断症状を抑えてくれます。

2006年4月1日より禁煙治療に健康保険等が適用されるようになりました。

健康保険等で禁煙治療を受ける為には、一定の要件を満たす必要があり、この要件を全て満たした場合のみ禁煙治療を受ける事ができます。

保健適用要件の詳細や、禁煙外来のある医療期間の検索はこちらもご参照ください!
ノバルティス 禁煙サポートサイト


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい