糖尿病の診断はどうするの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「糖尿病の診断」です。

それでは問題です!
糖尿病の診断にはいくつかの検査を組み合わせる。

正解は◯×どちらでしょう?

糖尿病 診断 生活習慣病

正解は、◯ でした!

【今日の解説 糖尿病の診断】

血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の濃度のことです。1dl(デシリットル=100ml)の血液の中に、何mgのブドウ糖が含まれているか、という数値で表されます。(実際に血液を採る量はわずかな量です)

血糖値は食事をすることで変動するため、いくつかの種類の検査を組み合わせて糖尿病の診断をします。

 

1)早朝空腹時血糖値 126㎎/dl以上:少なくとも10時間以上食事をとらないで測った血糖値です。

 

2)75g糖負荷試験(ブドウ糖負荷試験、OGTT)で2時間値200㎎/dl以上:空腹時血糖を測った後、ブドウ糖75gの液体を飲んで、30分、1時間、2時間後にそれぞれ測った血糖値です。

空腹時血糖値とブドウ糖負荷試験による診断基準はコチラから

image

 

3)随時血糖値 200㎎/dl以上:食事の時間にかかわらず測った血糖値です。

 

4)HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)値 6.5%以上:過去1~2か月の平均的な血糖の目安です。

HbA1cは、血液中の赤血球に含まれるタンパク質で、身体に酸素を運ぶヘモグロビンにブドウ糖が結合したものです。

 

一度結合すると、120日間はそのままの状態であるため、過去1~2カ月間の血糖値の平均を反映しています。
※2010年7月からHbA1cが診断基準に加えられ、2012年4月からHbA1cの基準が世界標準(NGSP)の表記に合わせて、「6.5%以上」になりました。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい