糖尿病の症状ってどんなもの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「糖尿病の症状」です。

それでは問題です!
糖尿病は悪化しても症状は出ない。

正解は◯×どちらでしょう?

糖尿病の症状 生活習慣病 介護のプロ道場

正解は、× でした!

【今日の解説 糖尿病の症状】

糖尿病ははじめのうちは症状はありませんが、高血糖の状態が続くと、多尿・頻尿口渇・多飲体重減少倦怠感などの症状が出てきます。

治療をしていても、血糖コントロールがうまくできていなければ、このような症状が見られます。

 

1)尿の量が増える、回数が増える(多尿・頻尿)

血糖値が高くなると、血液中のブドウ糖を水分と一緒に身体の外に出そうとするため、尿の量が増えます。

 

2)のどが乾く(口渇・多飲)

尿をたくさん出してしまうと、身体の中の水分が足りなくなるため、のどが乾く・口の中が乾燥するなどを、強く感じるようになります。

 

3)やせる(体重減少)

インスリンは、炭水化物の分解物であるブドウ糖を身体の中に取り込み、エネルギーとして利用します。

インスリンの働きが悪くなると、ブドウ糖をエネルギーに変えられなくなり、身体の中に蓄えておいた脂肪や、筋肉のタンパク質を分解してエネルギーとして利用してしまうため、やせてしまいます。

 

4)だるい・疲れやすい(倦怠感)

インスリンの働きが悪くなり、炭水化物をエネルギーに変えられなくなると、身体の各所の細胞がエネルギー不足になるために、身体全体の働きが低下します。そのために、疲れやだるさを感じるようになります。

 

糖尿病と診断されて、このような症状が出ている人は、血糖コントロールがうまくできていない可能性があるため、早めに主治医に相談する必要があります。

 

このような状態が続くと、糖尿病の合併症が出現しやすくなる他、急に意識障害を起こすこともあります。

 

脂肪を分解してエネルギーにした時の副産物としてつくり出される「ケトン体」が血液中に急に増えると、血液が酸性に傾いてしまいます。

すると吐き気や腹痛などの消化器症状や、尿がたくさん出てしまうために脱水状態になり、意識を失ってしまうことがあります。「糖尿病性ケトアシドーシス」といい、非常に危険な状態なので、すぐに救急車の手配が必要です。

 

糖尿病を患っている利用者さんが、風邪を引いたり、胃腸炎を起こしたりして、糖分の多い経口保水液を、たくさん飲むとこのような状態に陥りやすくなるので、注意しましょう。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい