COPDも生活習慣病?


介護のプロ道場、今日のお題は
「COPDの基礎知識」です。

それでは問題です!
COPDも生活習慣病の一つである。

正解は◯×どちらでしょう?

COPD 生活習慣病 介護のプロ道場

正解は、◯ でした!

【今日の解説 COPDの基礎知識】

COPDの原因には、粉じんや大気汚染などもありますが、最大の危険因子は喫煙だと言われています。

そのため、喫煙者にとっては、生活習慣病ということができます。

 

COPDとは、「Chronic Obstructive Pulmonary Disease」の頭文字をとったもので、慢性閉塞性肺疾患のことです。
肺の働きが通常の年齢よりも低下していく病気です。

COPDは全国で、40歳以上の人口の8.6%、約530万人の患者が存在すると推定されていますが、実際には22万人程度しか治療を受けていません。

 

有害な物質を吸い込み続けると、気管支に炎症が起きて狭くなり、気管支の先にある肺胞に慢性的な炎症を起こしてしまうため、咳や痰が出るようになります。

また、身体の中に酸素を取り込みずらくなるために、階段を上ったり、運動をしたりすると息切れするようになり、悪化すると普通の生活をしていても、呼吸が苦しくなってしまいます。

喫煙習慣があり、これらの症状が見られる場合には、まずはかかりつけ医に受診し、必要に応じて、呼吸器科の専門医を紹介してもらいましょう。

 

肺機能が元に戻ることはありませんが、病態の進行を遅らせることが重要で、治療の中心となるのは禁煙薬物療法です。

薬物療法は、気管支を広げる薬や、炎症を抑えるステロイド剤などを使用します。

その他にも感染症の予防や、適度な運動、十分な栄養摂取などが必要です。

呼吸機能が低下した場合には、在宅酸素療法をしなくてはならなくなります。

 

COPDについて、東京都福祉保健局でわかりやすいリーフレットを作成しています。

参考にしてみてください!

 

それぞれの生活習慣病の解説は今日でおしまいです。

明日からは、悪い生活習慣だとわかっているのに改善できないのはなぜか、どのように働きかけたらよいのかという、健康行動理論について解説をしたいと思います。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい