脳血管障害(脳卒中)の症状って?


介護のプロ道場、今日のお題は
「脳血管障害の症状」です。

それでは問題です!
くも膜下出血の場合は激しい頭痛が起こる。

正解は◯×どちらでしょう?

脳血管障害の症状 生活習慣病 介護のプロ道場


正解は、◯ でした!

 

【今日の解説  脳血管障害の症状】

くも膜下出血の場合は、「突然今までに経験したことのないような頭痛」とともに、嘔吐意識障害が起こります。

脳出血の場合は、出血の部位、出血の量により症状はさまざまですが、頭痛と嘔吐意識の障害半身の運動麻痺感覚障害が起こります。

脳梗塞の場合も、梗塞の部位によって症状はさまざまで、脳出血と同じような症状が起こります。

 

意識がある場合の、脳梗塞・脳出血を疑う症状は以下の通りです。

1)片方の手足・顔半分の麻痺・しびれが起こる(手足のみ、顔のみの場合もあります)

2)片方の目が見えない、物が二つに見える、視野の半分が欠ける

3)呂律が回らない、言葉がでない、他人の言うことが理解できない

4)力はあるのに、立てない歩けない、フラフラする

5)強いめまいがある

 

最近では、より簡潔に、3つの症状を取り上げたFASTという標語も良く使われます。
詳しくはコチラ!

stroke-10

 

脳血管障害(脳卒中)が疑われる場合には、早く病院を受診しましょう。なるべく早く診断して治療をすることで、後遺症を軽くすることができます。

 

脳血管障害(脳卒中)の疑いがある場合には、身体を揺すぶって起こしたり、動かしたりしないようにします。脳やくも膜下での出血を広げないようにするためです。

嘔吐をしている場合には、喉に詰まらせないように顔を横に向け、空気の通り道(気道)を確保します。衣服をゆるめて、可能であれば入れ歯を外し、直ちに119番に電話して救急車を呼びましょう。

 

それぞれの症状については、明日からまた詳しくお話ししていきます!

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい