ラクナ梗塞は気にしなくていいの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「ラクナ梗塞の基礎知識」です。

それでは問題です!
ラクナ梗塞は放置しておいてよい。

正解は◯×どちらでしょう?

ラクナ梗塞 脳梗塞 介護のプロ道場

正解は、× でした!

【今日の解説  ラクナ梗塞の基礎知識】

ラクナ梗塞の原因は動脈硬化です。もちろん加齢によって起こるものもありますが、高血圧、糖尿病、高脂血症がある場合には、その治療をしっかり行い、ラクナ梗塞の経過を見ていくことが大切です。

 

脳の細い動脈が詰まり、直径 1.5cm 未満の小さな脳梗塞が起きた状態をラクナ梗塞といいます。

ラクナ梗塞は日本人に多く、脳梗塞全体の約35%を占めています。また、日本人は遺伝的にも細い血管が動脈硬化になりやすいとも言われています。
ラクナ梗塞のほとんどが直径5mm以下の小さな梗塞なので、症状が出ないことがほとんどです。

 

しかし、そのままにしておくと、ラクナ梗塞が脳のいろいろなところに起きて、言語障害、歩行障害、嚥下障害や、認知症などの症状が出現することがあります。

 

ラクナ梗塞が目立つ人は、高血圧や糖尿病、高脂血症といった動脈硬化の危険因子を持っていることが多いため、まずその治療と、ラクナ梗塞の経過観察が必要です。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい