脳梗塞が起こる前触れってあるの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「脳梗塞の前触れ 一過性脳虚血発作」です。

それでは問題です!
脳梗塞には前触れの症状がでることもある。

正解は◯×どちらでしょう?
一過性脳虚血発作 TIA 脳梗塞 介護のプロ道場 脳血管疾患

正解は、◯ でした!

【今日の解説 脳梗塞の前触れ 一過性脳虚血発作】

脳梗塞は突然発症しますが、中には前触れとして症状が現れることがあります。

これを一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)といい、英語の頭文字をとって「TIA」とも呼ばれます。

 

一過性脳虚血発作(TIA)は、血のかたまり(血栓)が脳の血管をつまらせますが、しばらくすると血栓が溶けて、脳の血流が回復するものです。

 

一過性脳虚血発作(TIA)は脳梗塞と同じような症状が起こります。

・身体の左右どちらかに運動麻痺が起こる。

・身体の左右どちらかがしびれ、感覚が鈍くなる

めまいがおこる。

ろれつが回らなくなる。

ものが見えづらくなる。

これらの症状が数分(2~15分)、長くても 1日ぐらいで消えてしまうのが、一過性脳虚血発作(TIA)の特徴です。

一過性脳虚血発作(TIA)が起こった人の30%以上は、後に脳梗塞を起こすとも言われています。

 

上記のような気になる症状が一時的に出た場合には、すぐに病院に受診をしましょう。

高齢になると動脈硬化になりやすくなり、高血圧、糖尿病、高脂血症がある場合には、脳梗塞になる可能性も高くなりますので、高齢者に関わる全ての人が一過性脳虚血発作(TIA)のことを知っておき、早めの対処につなげたいものです。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい