感覚障害って何?なぜ起こるの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「脳梗塞後の感覚障害」です。

それでは問題です!
感覚障害は運動障害と同じ半身に起こる。

正解は◯×どちらでしょう?

感覚障害 脳梗塞後遺症 介護のプロ道場

正解は、◯ でした!

【今日の解説 脳梗塞後の感覚障害】

脳梗塞後の多くの場合、片麻痺のある同じ側に感覚障害も起こります。

例えば、左側の大脳の脳梗塞では、右半身の片麻痺と合わせて感覚障害が起こります。

 

脳梗塞の感覚障害では、身体の左右どちらかの顔や手足の痛み熱さ冷たさ圧迫感などを感じにくくなったり、しびれを感じたりします。

 

顔や手足の感覚には、温度覚痛覚触覚位置覚振動覚などがあります。 

感覚の情報は、手や足の末梢神経から脊髄をとおり、運動神経と同じように延髄で反対側に交叉して、脳の視床という感覚の中継地点に集まり、さらに大脳の感覚の中枢へ伝わります。

脳梗塞の感覚障害は、感覚の中継地点である視床や、大脳の感覚中枢に障害が起こるため、さまざまな感覚が鈍くなったり、しびれを感じたりします。

 

感覚障害が起こると、手足にケガをしても痛みを感じなかったり、熱い湯に触っても熱さがわからないため、ヤケドをしてしまうことがあります。

浴槽やシャワーの温度調整不足によるヤケド、ゆたんぽや電気アンカなどによる低温ヤケド、車いすに手を巻き込んでしまうことによるケガなど、たくさんの事故が実際に起こっています。

 

感覚がないことによって起こる事故を予防するためには、全ての生活場面で、環境を整えることが大切ですね。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい