半側空間無視はなぜ起こるの?


介護のプロ道場、今日のお題は
脳梗塞後の半側空間無視(高次脳機能障害)」です。

それでは問題です!
半側空間無視は左側に起こることが多い。

正解は◯×どちらでしょう?

大脳の働き 機能局在 介護のプロ道場

正解は、◯ でした!

今日の解説 脳梗塞後の半側空間無視(高次脳機能障害)

半側空間無視とは、自分が意識して見ている空間の片側を認識できない症状です。

右脳の障害によっておこる、左半側空間無視の方が起こりやすく、長期化しやすいと言われています。

左半側無視の具体的な症状としては、左側の食べ物を食べ残す、左側にぶつかる、車椅子や歩行の際に右側に寄っていくなどがあげられます。

 

まずは、なぜ半側空間無視がおこるのか、紐解いてみましょう。

目で見た画像は、眼球の奥にある網膜というところで視神経信号となり、視覚情報として脳に送られます。

右の目からの視覚情報は左脳で、左の目からの視覚情報は右脳で処理され認識されます。

脳梗塞によって、大脳に障害を受けると、目は見えているのに、脳で視覚情報を処理することが出来ないため、半分の空間を認識できなくなります。

 

右脳の障害による、左半側空間無視が多い理由は、右脳が「左右両方」の視覚情報を認識する機能を持っているからです。

左脳は右側の視覚情報の認識にしか関わっていないため、左脳に障害が起こっても、右脳の働きでカバーすることが出来ます。

右脳に脳梗塞を起こすと、多くの場合、左脳は機能していますので、右側は認識できますが、左側を認識することが出来なくなるのです。

 

半側空間無視の特徴としては、本人は症状の自覚が無いことが多いことです。

そして半側空間無視がある方は、自分の身体を認識できない「身体失認」や運動麻痺、感覚麻痺を伴うことも多いのです。

例えば左手がぶつかっていて、ケガをしていても本人は気がつかず、ケガがひどくなることが考えられます。

障害物を置かない、車いすのブレーキなどに印を付けてわかりやすいようにするなどの環境整備が必要です。

 

また、半側空間無視を治すのは、現在の医療を持っても困難ですが、日常生活の習慣をつけることで、左側を意識するようなリハビリテーションが効果的です。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい