脳梗塞後のリハビリテーションはなぜ必要なの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「脳梗塞後のリハビリテーションの必要性」です。

それでは問題です!
リハビリテーションの目的は機能回復のみである

正解は◯×どちらでしょう?

リハビリテーションの必要性 脳梗塞
正解は、× でした!

【今日の解説 脳梗塞後のリハビリテーションの必要性】

脳梗塞のリハビリテーション(以下リハビリと略)の主な目的は、再発の防止と、機能や能力を回復し、生活の質の向上と維持をはかることにあります。

脳梗塞の再発を防止するためには、薬による治療と合わせて、脳梗塞の原因である動脈硬化・高血圧・糖尿病などを改善するため、生活習慣を整えることが大切です。

生活習慣を整えるには、食事療法と同じくらいにリハビリによる適度な運動が必要です。

現実には脳梗塞によって失われた機能をリハビリによって100%回復することは難しいですが、リハビリを続けることによって廃用症候群(生活不活発病)を防ぎ、残っている機能や強みを活用して日常生活動作を行うことで、その後の生活を送りやすくすることは可能です。

日常生活動作(ADL:activities of daily living)とは食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など生活を営む上で不可欠な基本的行動のことです。

リハビリを続けることで、自分らしい生活が送れるように、生活の質の向上と維持を目指すことができるのです。

単なる機能回復ではなく、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」を目指して行われるすべての活動がリハビリテーションであると言えます。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい