維持期のリハビリ、どうしたらいいの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「維持期リハビリテーション」です。

それでは問題です!
維持期には心身機能・能力を保つリハビリを行う。

正解は◯×どちらでしょう?
擦式アルコール消毒 介護のプロ道場

正解は、◯ でした!

【今日の解説 維持期リハビリテーション】

回復期のリハビリテーション(以下リハビリと略)が終わると、自宅や施設で維持期のリハビリを行います。

維持期リハビリの目的は、心身の機能・能力をできるだけ維持することです。

リハビリ病院を退院してすぐに自宅での生活が難しい場合は、在宅復帰を目的とした中間施設としての介護老人保健施設でリハビリを継続してから、自宅に戻るまたは介護施設に入居します。

 

維持期のリハビリは、生活すること自体がリハビリとなります。

自宅での生活で、食事、排泄、入浴、更衣などを行うには、全て移動を伴い、ドアの開け閉め、段差を上がる、階段を上がるなど、さまざまな動作が必要です。

それ以外にも、調理、片付け、掃除、洗濯、など家事行動や趣味の活動など、生活にはいろいろな場面があります。

 

日常生活では、リハビリで回復した機能が衰えないように、日常生活をなるべく自分で行い、心身の機能・能力をできるだけ維持するようにします。

自分で行えることは自分で行えるように、手すりや段差解消、ドアを引き戸にしたりする住宅改修や、日常生活動作を助ける諸々の福祉用具の活用が効果的です。

 

本人が無理をしたり、病気を認識していなかったりすると、転倒などで思わぬ怪我をすることもあるため、手を貸すこと、手を貸さず見守ること、自分一人でできることを明確にするとよいでしょう。

周囲の人の「配慮」によって、過度に安静にしていると、回復した機能が低下し廃用症候群を引き起こします。

 

また、コミュニケーションがないと脳への刺激が少なくなり、知的活動能力が低下してしまいます。これも廃用症候群のひとつです。

 

維持期のリハビリは、安静にしすぎず、外部との交流をもつなど、なるべく身体と脳を使い、廃用症候群を起こさないように、本人と家族への適切なアドバイスが求められます。

ケアマネジャーを活用し、訪問リハビリ、通所リハビリ、または訪問介護、通所介護などを上手く組み合わせて、生活しやすい環境を整え、連携をもちながら、本人と家族の生活を支えていきます。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい