素朴な疑問、なぜがんになるの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「がんの発生原因」です。

それでは問題です!
がんの発生原因は細胞の突然変異である。

正解は◯×どちらでしょう?

がんの原因

正解は、◯ でした!

【今日の解説 がんの発生原因】

がんの原因は、ヒトの正常細胞が突然変異を起こし、増えてしまうことです。

 

ヒトの身体は合わせて約60兆個260種類の細胞からできています。

それぞれの役割を持つ細胞には寿命があり、常に生まれ変わって、身体を構成しています。

 

細胞が生まれ変わるときに必要なのが細胞の中にあるDNAです。

DNAにはそれぞれの細胞の情報が含まれていて、役割にあった情報がコピーされ続けています。

がん細胞は、細胞のDNAをコピーする時に、突然変異が起こり、それが積み重なることによって発生すると言われていますが、全てが解明されている訳ではありません。

 

細胞の突然変異を起こすきっかけとなるのが、喫煙大気汚染ウイルス放射線紫外線などの利激で、細胞に傷がついてしまうことです。また傷がついた細胞を、遺伝的に持っている人もいます。

細胞のDNAが傷ついたとしても、通常は体内の防御システムが働くので修復されますが、その修復が間に合わないと、傷ついたままの細胞が増えてしまい、がんが発生してしまうのです。

 

食事、飲酒などの生活習慣細胞を傷つける後押しをするため、がんも生活習慣病であると言われることもあります。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい