陽子線治療や重粒子線治療って何?


介護のプロ道場、今日のお題は
「陽子線・重粒子線治療とは」です。

それでは問題です!
陽子線・重粒子線とも放射線の一種である。

正解は◯×どちらでしょう?

陽子線治療、重粒子線治療

正解は、◯ でした!

【今日の解説 陽子線・重粒子線治療とは】

陽子線・重粒子線とも、放射線の一種で、粒子線といいます。従来の放射線治療ではX線を使います。

 

X線は身体をを通過すると消えてしまいます。X線は身体の中を進んでいる時に、周りにエネルギーを与え、がん細胞を減らすという治療効果を発揮します。

陽子線や重粒子線は、身体の中を進んでいる時に急激に高いエネルギーを周囲に与え、そこで消えてしまうという性質があり、それを利用して、がん病巣の周囲のみ高いエネルギーを与え、通り道に与えられるエネルギーを少なくすることができます。

 

つまり、X線治療と比べて、がん病巣に、より高い量の放射線をあて、治療効果を高くすることができ、照射範囲を狭くすることができますので、副作用も軽くなります。

生物実験での治療効果は、陽子線の場合、X線と比較してわずかに強い程度(約1.1倍)ですが、重粒子線では約3倍という結果が報告されています

 

陽子線・重粒子線治療は、「先進医療」であり、健康保険は使えません。

先進医療とは、厚生労働大臣によって定められた高度な医療技術を用いた治療のことで、一般的な保険診療を受ける中で、患者が先進医療を希望し、医師が認めた場合に行われます。

 

陽子線・重粒子線治療の費用は約300万円と言われています。

陽子線・重粒子線治療を受けられる医療機関はコチラを参照して下さい。

http://www.hirt-japan.info/facility/


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい