サプリメントや健康食品はがんに効果があるの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「がんの補完代替医療」です。

それでは問題です!
サプリメントはがんの治療効果が証明されている。

正解は◯×どちらでしょう?
糖尿病の症状 生活習慣病 介護のプロ道場

 

正解は、× でした!

【今日の解説 がんの補完代替療法】

補完代替療法(ほかんだいたいりょうほう)とは、現代の西洋医学において、科学的に検証されていなかったり、実際に用いられていない治療のことです。

補完代替療法でがんの進行を遅らせたり、生存率を高める効果が証明されているものは、現段階では一つもありません。

補完代替療法は、具体的には、中国医学、インド医学、免疫療法、健康食品、ハーブ療法、アロマセラピー、ビタミン療法、食事療法、精神・心理療法、温泉療法、酸素療法など、無数にあります。

補完代替療法についての情報は、本やインターネット上にも多くありますが、高価なものもあるだけでなく、現在行っているがんの治療を妨げたり、身体に負担がかかるものもあるため、注意が必要です。

 

補完代替療法について、情報を集めても、使ってよいものかどうか、判断が難しいところです。

関心のある補完代替療法があれば、まず担当医に意見を求めてみましょう。

また、厚生労働省の研究班により、主な補完代替療法について評価がされています。

 

推奨:その治療法を勧める
容認:患者さんがその治療法を使うのを認める
反対:患者さんがどの治療法を使うのを認めない

 

・乳がんに対する脂肪制限:容認して経過観察

・前立腺がんに対する脂肪制限:容認して経過観察

・マクロバイオティック食(野菜や玄米中心の食事):容認して経過観察

・ビタミンAサプリメント:反対

・ビタミンCサプリメント:反対

・前立腺がんに対するビタミンEサプリメント:容認して経過観察

・乳がんに対する大豆サプリメント:反対

・前立腺がんに対する大豆サプリメント:容認して経過観察

・サメ軟骨:容認して経過観察

・化学療法による吐き気や嘔吐に対する針灸:容認(場合により推奨)

・がんの慢性疼痛に対する針灸:容認して経過観察

・不安に対するマッサージ:容認(場合により推奨)して経過観察

・がんの疼痛に対するマッサージ:容認して経過観察

・リンパ浮腫に対するマッサージ:容認(場合により推奨)して経過観察

・身体機能の向上と心身症状の緩和のための運動:容認(場合により推奨)して経過観察

 

もっと詳しく知りたい方は、がんの補完代替医療ガイドブック第3版(2012年)も参照して下さい。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい