今さら聞けない、ボディメカニクスって何?


介護のプロ道場、今日のお題は
「ボディメカニクスの基礎知識」です。

それでは問題です!
ボディメカニクスとは、移乗のことである。

正解は◯×どちらでしょう?


動脈硬化 生活習慣病 介護のプロ道場

正解は、× でした!

【今日の解説 ボディメカニクスの基礎知識】

ボディメカニクスとは、骨格・筋肉・内臓などを中心とした身体の動きのメカニズム身体力学を活用する技術です。

移乗とは、生活の中での乗り移り動作のことで、安全安楽に移乗するためにはボディメカニクスの活用が必要です。

 

それでは、ボディメカニクスの原則を今一度、確認してみましょう。

1)対象を小さくまとめる:接地している面積を小さくすることで、摩擦を少なくしたり、移動の方向性を保ちやすくなります。

2)対象にできるだけ近づく:互いの重心を近づけることで、移動の方向性がぶれなくなります。

3)支持基底面積を広くする:介助者の安定性を高めます。

4)重心を低くする:姿勢を安定させ、下肢の筋肉を使いやすくなります。

5)身体をねじらない:重心の移動をしやすくなります。

6)大きな筋肉群を使う:大腿四頭筋や大臀筋などを使うと、大きな力を出すことができます。

7)水平に移動する:重力の影響を受けずらくなります。

 

ボディメカニクスを活用することは、実は人が動きやすい「原理」や「法則」に沿った介助をすることなのです。

・慣性の法則:力がつり合っているときは物体は動かず、一定方向に力がかかった時には物体は動くという法則です。

・てこの原理:動かしたい所(作用点)と力を入れる所(力点)の間に支点をおくことで、小さな力で多くな作用が期待できます。

力を加えて重心移動をすれば、人も物も動きます。ただ、麻痺や筋力低下のある人が動くためには、重力に逆らう支えが必要です。

 

人の移動を介助する時には、移動する方向重心の位置重心移動の際の支えと力、を考えて、介助する側も効率良く力を使えるように、ボディメカニクスを活用することが大切ですね。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい