尿が出てくるまでのしくみって?


介護のプロ道場、今日のお題は
「排尿のしくみ」です。

それでは問題です。
一日あたり150リットルの血液が腎臓でろ過される。

正解は◯×どちらでしょう?

排尿のしくみ 日常生活支援 介護のプロ道場

正解は、◯ でした!

【今日の解説 排尿のしくみ】

身体の各組織の老廃物を回収した血液は、腎臓の糸球体(しきゅうたい)という部分でろ過されます。これを原尿と言います。一日あたり約150リットルの血液がろ過されます。

 

腎臓の糸球体でろ過された原尿は、尿細管という部位で身体に必要な電解質やタンパクなどが再吸収されます。尿細管では水分量の調整も行い、原尿の99%は身体に戻り、最終的に約1.5リットルが尿として身体の外に出されます。

糸球体と尿細管を合わせてネフロンと呼ばれ、腎臓1つにつき、約100万個のネフロンがあるといわれています。

 

腎臓の炎症や、糖尿病の合併症で血管がもろくなるために起こる糖尿病性腎症が起きると、ネフロンの数が減ってしまい、「血液をろ過して老廃物を身体の外に、必要な物質や水分を身体の外に戻す」という腎臓の働きができなくなってしまいます。

 

ろ過、再吸収を経た尿は尿管を通って、膀胱にたまります。約150〜200mlの尿が膀胱にたまると、その刺激が脊髄を通って大脳に届き「尿意」を感じます。

尿がたまると、膀胱の筋肉は緩み、尿道の筋肉は収縮します。そのため、尿意を感じても尿をためておくことができるのです。

排尿する準備(トイレに入って、衣服を下ろす)が整うと、大脳が指令を出し、膀胱を収縮させ、尿道を緩ませて尿を出します。

膀胱と尿道は逆の働きをしながら、尿をためる(蓄尿)と尿を出す(排尿)のコントロールを行っています。

 

男性の尿道は約20cmで、膀胱のすぐ下には前立腺が尿道を囲むように存在します。この前立腺は加齢とともに肥大するため、それで尿道を圧迫して尿が出づらくなることがあります。

女性の尿道は3〜4cmで、尿道の筋肉(尿道括約筋)は男性と比べると弱くなっています。そのため、加齢で筋肉の力が落ちると、尿道を収縮させることが難しくなるので、失禁しやすくなってしまいます。

 

尿が作られ出るしくみ・・・奥が深いですね。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい