この尿の色って変?


介護のプロ道場、今日のお題は
尿の色・性状の異常」です。

それでは問題です。
尿はどんな色でも正常である。

正解は◯×どちらでしょう?

尿の色の異常 尿の異常 介護のプロ道場

ウシ夫とトラ子は、我孫子市の社会福祉法人瑞法会久遠苑様にお邪魔してきました。湖北駅、渋い素敵な駅でした。


正解は × でした!

 

【今日の解説 尿の色・性状の異常】

何らかの病気によって、尿の色や性状が変化することがあります。通常の尿の色は淡い黄色ですが、尿の色や性状から、推測される身体の変化について、考えてみましょう。

 

尿がピンク、赤い、褐色(血尿)

尿路感染症によって、尿路の内側の粘膜が荒れてしまったり、尿路結石によって粘膜に傷がついてしまったりすると、血尿が出ます。また尿路のどこかにがんがある場合も、血尿が見られます。

 

尿の色が濃い

脱水などにより尿の量に対して溶けている老廃物の量が多くなると、尿の色が濃くなります。老廃物の比重が高いため、臭いもきつくなります。

 

尿が濁る

尿路感染がある場合には、免疫反応によって白血球が増加し、その白血球の死骸が尿に混入するため、尿が濁ります。

 

尿がオレンジ色

肝臓や胆のう、胆道の病気になると、身体の中にビリルビンという物質が多くなるので、尿がオレンジがかった濃い色になります。この場合は白目や皮膚が黄色くなる(黄疸)も合わせて見られることが多いです。

 

・尿が泡立つ

水分摂取が少ない、汗をたくさんかいた時などは、尿が濃くなる=粘稠度が高くなると、泡が目立つことがあります。
そのような事がないのに、泡が気になる場合には、腎臓の機能低下で、尿タンパクが多い場合や、糖尿病で尿糖が多い場合があります。

 

これらの症状と持病を考えて、症状が悪化していないのか、またおむつ装着や陰部の汚れなどで、尿路感染症を起こしやすい状況ではないか、水分の摂取量はどうか、などを観察し、医療従事者に報告をしつつ、陰部の清潔に努めたり、水分摂取を促したりします。

 

ちなみに、ビタミン剤や栄養ドリンクなどを飲むと、一時的に蛍光色のような黄色い尿がでますが、ビタミンBの色素によるものなので心配はありません。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい