便秘、どうしたらいいの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「便秘の原因と対処」です。

それでは問題です。
毎日便が出なければ、下剤を処方してもらう。

正解は◯×どちらでしょう?

便秘 対応 介護のプロ道場

正解は、× でした!

【今日の解説 便秘の原因と対処】

排便パターンには個人差があります。例えば3日に1回でも、本人が心地よく自然に排便できているようなら、下剤は必要ありません。また毎日排便がある人にとっては、2日間便が出ないだけでも苦痛を感じることもあります。

その人の排便パターンを観察し、心地よく自然に排便ができるような対処を考えることが大切です。

 

便秘にもいくつかの種類があります。大きく分けて、腸の働きが低下するために起こる「機能性便秘」と、腸が詰まってしまうために起こる「器質性便秘」があります。それぞれの成り立ちと、対処法についてお話ししますね。

 

【1】機能性便秘:腸の動きが低下する理由にも主に3種類があります。

(1)弛緩性(しかんせい)便秘:大腸のぜん動運動が十分行われないため、大腸内に便が長く留まってしまいます。そのため、便の水分が水分がどんどん吸収されてしまい、便が硬くなり、さらに排便しづらくなるタイプです。

大腸も筋肉でできていますので、加齢により筋力が低下すること、水分摂取が少なくなる経口にあること、腸内環境が悪くなること(身体に有効な腸内細菌が少なくなる)が原因です。便秘の中でも頻度が高いものです。

腸ぜん動運動を促すために、身体全体を動かす運動や、腹式呼吸を心がけるのも効果的です。食物繊維の多い豆類、根菜類、海藻、キノコなどを摂り、大腸を刺激します。

また便の水分を保つために、水分摂取も必要です。そして腸内環境を整えるために、ヨーグルトなどを摂るように心がけるとよいと思います。

 

(2)けいれん性便秘:ストレスにより自律神経が乱れて、大腸がけいれんしたような動きをしてしまい、便がうまく運べないため、大腸内に便が長く留まってしまうタイプです。便の水分が吸収されてウサギのフンみたいなコロコロの便になることや、下痢と便秘を繰り返すこともあります。

ストレスの他にも、下剤の使い過ぎによって、腸が過剰に動きすぎてしまうことでも起こります。

なるべくリラックスをすることと、水分摂取をすることが大切です。また、複数の医療機関に受診している場合、それぞれの薬の副作用対策で下剤が出されており、重複して下剤を飲んでいるケースもあります。お薬手帳の活用が有効ですが、お薬手帳が無い場合には、処方箋薬局の薬剤師に、薬を全て持っていってアドバイスを受けてもよいと思います。

 

(3)直腸性便秘:便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が溜まってしまい、うまく排便できなくなるタイプです。加齢や脳血管疾患による麻痺などで、直腸に便が達したということがうまく脳に伝わらないことや、痔の痛みや恥ずかしさなどで排便を我慢することによって、排便反射が起こりづらくなることが原因です。

なるべく身体を起こし、排便反射を起こしやすくすること、排便を我慢しないようにして排便習慣をつけるようにします。安心して排便できるような、プライバシーを守った排便環境を整えることも大切です。

またウォシュレットなどで、排便の前に肛門を温めて刺激することで、外肛門括約筋が開きやすくなります。

 

【2】器質性便秘:腸閉塞(イレウス)や場合によっては大腸がんなどで、腸を塞いでしまうことで便が出なくなるタイプです。血便、激しい腹痛、嘔吐などがあればすぐに病院に受診します。このような便秘の場合、下剤や浣腸を使うと、腸に穴があくおそれがあります。

 

まずはその人の排便パターンを知り、なぜ便秘が起こっているのかを考え、その人にあったケアを提供することが大切ですね。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい