入浴時、身体はどうなっているの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「入浴時の身体の変化」です。

それでは問題です。
入浴しても身体の変化は起こらない。

正解は◯×どちらでしょう?

IMG_2438

介護のプロ道場Facebookページ、おかげさまで1000いいねを頂きました。どうもありがとうございます!

 

正解は、× でした!

【今日の解説 入浴時の身体の変化】

入浴時には「温熱作用」と「静水圧作用」「浮力作用」によって身体の変化が起こっています。

それぞれの作用をみていきましょう!

①温熱作用

湯につかることで、温熱作用により末梢血管が広がり、身体の末端に血液が流れ込みます。循環が良くなるため、新陳代謝が高まり、身体に溜まった老廃物が排出されやすくなるため、疲労回復につながります。

一方で、脳や心臓などの大切な臓器の血流が少し減ってしまいます。日本人が好む長時間の入浴は、発汗を促し、脱水や血液が固まりやすい状態を起こしますので、脳梗塞・心筋梗塞を起こしやすい状態になってしまいます。

湯の温度によっても、血圧や脈拍の変化に違いがみられます。ぬるめの湯では徐々に温熱効果が発揮されるため、血圧や脈拍の変動が少ないのですが、熱めの湯では、急激な血圧上昇を起こしやすくなります。

 

②静水圧作用

湯につかっている身体の部分には水圧がかかるため、身体のマッサージ効果で血液やリンパの流れが良くなります。

急に立ち上がると、水圧が解除されるため、心臓へ戻る血液が急激に少なくなり、合わせて脳への血流量も減少し、いわゆる立ちくらみを起こしやすい状態になります。

特に高齢者は、血流を調節する自律神経系の反応が低下しているため、立ちくらみを起こしやすいと考えられます。浴槽内での意識障害によって、溺れてしまうという事故が起こりやすくなるのです。

静水圧は、水深によっても身体への影響が異なります。首までつかった全身浴の場合には、心臓への負担が大きくなります。腹部までの半身よくの場合には、圧迫される部分が下半身となるため、心臓への負担は少なくなります。

 

③浮力作用

お湯や水の中では、浮力が働き、体重は普段の10分の1程度になります。温熱効果や静水圧作用も合わせて、筋肉や関節を休ませることで、身体全体の緊張がほぐれます。しかし水深が深いと、浮力が強くなり、安定感が低下するためバランスを崩しやすくなることもあります。

 

温熱、静水圧、浮力という入浴時の作用をうまく活用するには、以下のようなことに気をつけることが必要です。

・浴槽は水位を低くして、半身浴ができるようにする。

・ぬるめの湯温(39~41度)に調整し、長湯は控える。

・体温が上昇し、血圧の安定する16時から19時頃までに入浴する。

・血圧を変動させる飲酒や食事後の入浴は避け、入浴中は急に立ち上がらないようにする。

・入浴前後には水分を補給する。

 

心地よく、安全に入浴が出来るような環境を整えたいですね。


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい