ヒートショックって・・・何?


介護のプロ道場、今日のお題は
「ヒートショックとは?」です。

それでは問題です。
入浴では血圧の上昇だけに注意する。

正解は◯×どちらでしょう?

入浴 ヒートショック 介護のプロ道場


正解は、× でした!

 

【今日の解説 ヒートショックとは】

温度の急激な変化で、血圧が急に高くなったり、低くなったりすることで身体がダメージを受けることを、ヒートショックと言います。

血圧が高くなったときだけでなく、急に下がることも視野に入れておく必要があります。

 

室温や湯温などの温度差があり、温度差を感じやすい裸の状態でいる入浴中に起こしやすいことがよく知られていますね。
2011年の調査では、約1万7千人の方がヒートショックに関連して入浴中に亡くなっていると言われており、そのうち、1万4千人が高齢者と考えられています。

同年の交通事故の死亡者数は約4千5百人ですから、いかにヒートショックによる入浴中の死亡が多いかがわかります。

浴室において、ヒートショックに関連した死亡者の報告が多いのは12月から1月で、8月の約11倍になると言われています。

 

改めて、ヒートショックのメカニズムを考えてみましょう。

寒い脱衣室で衣服を脱ぐと、身体の表面の温度が10度近く急激に下がり、熱の放散を避けるために血管が収縮し、心臓へ戻る血液量が増え、血圧が急上昇します。

元々高血圧や動脈硬化、糖尿病がある方、加齢によって血管の弾力性が低下している高齢者は、脳卒中、心筋梗塞を起こすリスクが高くなります。

 

そして、浴槽に入ると、温熱作用により血管が拡張し、血圧が低下します。さらに、浴槽から出る時に立ち上がると、静水圧作用が介助されますので、血圧が急激に下がります。この急激な血圧低下によって脳への血流量が減り、失神することがあります。

浴槽に入っている時に意識がなくなると、溺れてしまい、生命に関わる事態になってしまいます。

 

安全に、気持ちよく入浴できるように備えたいものです。

次回は、ヒートショックに関連する事故を防ぐためには、どのようにしたらよいか、考えてみましょう。




介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい