髪の毛のケアって必要?


介護のプロ道場、今日のお題は
「毛髪の構造とケア」です。

それでは問題です。
毛髪には修復機能があるのでケアしなくてよい。

正解は◯×どちらでしょう?

洗髪 頭髪ケア リンス 入浴介助 介護のプロ道場

正解は、× でした!

【今日の解説 毛髪の構造とケア】

毛髪には自己修復機能が備わっていないので、毛髪が傷んだり時や、傷みを予防するためには、毛髪のケアが必要です。

 

それではまず、毛髪とはどのような構造なのか、考えてみましょう。

毛とは、爪と同じように角質層が変化したものです。毛母細胞が分裂した後、角化して毛髪となって頭皮から押し出され、1年間に10cm以上、長いものは6年以上伸び続けます。

毛髪は表面部分は毛小皮(キューティクル)、その下が毛皮質(コルテックス)、中心部を毛髄質(メデュラ)という3つの層からできています。

毛小皮(キューティクル)は、硬いタンパク質でできています。うろこ状に4~10枚重なって、毛髪の内側を守る働きをしています。

毛皮質(コルテックス)は繊維状のタンパク質でできています。毛髪の85~90%を占め、この部分のタンパク質・脂質の構造や水分量が、毛髪の軟らかさや太さに影響し、またメラニンの種類と量によって、髪の色が決まります。

毛髄質(メデュラ)やわらかなタンパク質でできていて、毛髪の中心部にあります。毛髄質に空洞ができると、髪が白っぽく色褪せて見えます。

 

乾燥、紫外線、熱、摩擦、パーマやヘアカラーなどの薬剤、これらの刺激によって、毛小皮(キューティクル)が傷つくと、毛皮質(コルテックス)のバランスが崩れて、その構造がもろくなり、パサつき、色あせ、切れやすくなってしまいます。

傷ついた毛髪を修復するための機能はありませんので、毛髪のケアが必要になってきます。

 

ところで、リンスやトリートメント、コンディショナーってどういう働きをするのでしょう。

リンスは、毛髪の表面に保護膜を作り、水分の蒸発などを防ぎます。トリートメントは毛髪の内側にしみ込んで、状態を整えます。リンスに近く、少しトリートメントの効果もあるものがコンディショナーと呼ばれているようですが、メーカーそれぞれ、リンス・コンディショナーとトリートメントの定義については、統一されていないそうです。

 

昔は、洗浄力の強いシャンプーしかなかったので、洗髪後、毛髪がゴワゴワになってしまいました。そのため、リンスをたっぷりつけて、さっと洗い流す程度という習慣を持っている方もいますね。

しかし、頭皮からは毎日必要な皮脂が分泌されていまので、リンスやコンディショナー、トリートメントの油分が頭皮に残ってしまうと、フケや炎症の原因となってしまいます。

そのため、リンスやコンディショナー、トリートメントは、毛髪の中間~毛先を中心につけるようにして、その後しっかり洗い流すようにしましょう!

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい