素朴な疑問、なぜ頭に毛が生えるの?


介護のプロ道場、今日のお題は
ちょっと脱線、「頭髪の役割」です。

それでは問題です。
頭髪があるのはおしゃれをするためである。

正解は◯×どちらでしょう?

頭髪 洗髪 日常生活ケア

トラ子とウシ夫は、介護ロボットパルロさんとお話中・・・

おしゃれも大切な理由ですが、
からだのしくみとしても役割があるので・・・、

正解は、△ ということで!

 

【今日の解説 頭髪の役割】

頭に毛が多く生えているのは、身体の中枢であるを様々な刺激から守るためです。

 

人の身体には、約150万本の毛が生えていて、このうち頭髪は日本人の場合平均約10万本とされています。

全身の「毛」の大きな役割は、身体の保護保温です。

寒さを感じると、毛根の起毛筋といわれる筋肉が縮まり毛を立ち上げます。寒冷刺激の他にも、恐怖、驚きなどの情緒刺激でも立毛筋が収縮します。

毛が立つことで、汗腺の出口を閉めて熱が外に出ないようにしています。

 

まつ毛や眉毛、鼻毛などは、身体に異物が入らないようなフィルターの役割をしています

陰毛や脇毛は、大きな関節の動きの摩擦から身体を守っています。

 

毛髪は、暑さや寒さ、紫外線や衝撃から、脳を守る役割があります。

人間の頭部はほとんど脂肪や筋肉が無いため、頭蓋骨が脳を守っています。しかし、頭蓋骨が損傷してしまうと直接脳にもダメージを負ってしまうので、それを緩和するため毛髪が存在するのです。

毛髪には内側に少し空気が入っているので、一つひとつは小さくても、量が集まると、かなり衝撃を吸収してくれる素材になってくれます。

 

そして、人間の身体は暑くなると汗をかき、汗が蒸発する時に熱が下がるという「気化熱」によって体温を下げようとします。気化熱は、その場所に水分が留まっている方が大きく熱を奪ってくれます。

頭部には汗腺が多く、かつ毛髪には、この水分を留める役目もあります。毛髪があることで、汗をとどめ、気化熱を発生しやすくして、脳の温度が上がらないように働いているのです。

身体のタンパク質は42℃で変性すると言われています。特に脳は身体の中枢ですから、熱による変性を防ぐために、汗を出して、気化熱が起こりやすいようにして、熱を下げようとする働きが備わっているのでした。

 

そういう頭部ですから、汗や汚れがつきやすいのです。汚れがついたままにすると、気化熱が生じにくくなります。そういう意味でも洗髪は大切ですね。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい