結構悩む、爪切りのこと


介護のプロ道場、今日のお題は
「爪切りの必要性と方法」です。

それでは問題です。
高齢者の爪は切らなくてもよい。

正解は◯×どちらでしょう?

IMG_2728

正解は、× でした!

 

【今日の解説 爪切りの必要性と方法】

爪は皮膚の一部で、たんぱく質がケラチンという固い物質に変化したものです。一般的に爪と呼ばれている場所は、爪甲(そうこう)といい、根元にある爪母というところで作られ、1日に約0.1mmずつ伸びています。

加齢により爪の伸びるスピードは遅くなりますが、厚くなったり、生え方が曲がってしまったりすることがありますので、しっかり爪を切る必要があります。

 

ところで、爪は何のために生えているのでしょう。

よく見ると指の先端までは骨がありません。先端まで骨があると、手のつまむ・挟むなどの細かい動きができないため、指先と第一関節の中間あたりまでしか骨がないのです。爪は、指の腹の反対側にあることで、骨の変わりに指を支える役割を持っています。

また、足の爪も、骨の代わりに、身体を支える役割があります。

大切な役割のある爪に異常があると、手の細かい動作がしづらくなったり、歩きづらくなったりしてしまい、日常生活に支障を来してしまいます。

 

さて、個人差はありますが1日0.1mmずつ伸びる爪、伸び過ぎると、折れたり割れたりしてしまいます。伸びた爪が布団や洋服に引っかかって、爪が剥がれてしまった、ということも起こってしまいます。

 

爪甲は、その下の爪床という軟らかい組織と密着しています。爪床には、毛細血管があり、爪全体に栄養を送っています。そのため健康な爪はピンク色に見えます。

爪床と密着している爪甲の部分が傷つくと、痛みや出血を伴います。

痛みがあると、手先を使ったり、足を踏ん張ったりすることが難しくなりますね。

 

爪先の色が白くなっているところは、爪甲が伸びて爪床から離れるため、白っぽく不透明に見えます。白く見えるところが長くなると、爪と皮膚の間に汚れが付きやすくなります。

いろいろな雑菌がたまってしまい、特に足の場合には白癬菌の温床となってしまいますし、手の場合には、皮膚を掻いた時に雑菌を付けてしまったり、料理の時には食中毒の原因になることもあります。爪切りとともに、手洗いや手指消毒は、指先も丁寧に行う必要があります。

 

伸びた爪と皮膚の間にたまった汚れをとろうとして、爪と皮膚の間を傷つけてしまったことはありませんか?

ここは、爪甲を爪床と固定させている皮膚の部分で、爪下皮といいます。爪甲の下に細菌や異物が入らないような役割があります。

つまり、尖ったもので爪の間を掃除したり、深爪をして爪下皮を傷つけてしまうと、痛みや出血を伴うばかりでなく、感染性の炎症を起こしてしまう可能性が高くなるのです。

 

では、どのように切ったらいいのでしょう。

具体的な方法は・・・

株式会社エスクリエーション代表、
介護予防セラピスト 中西薫さんの ブログをおススメします!

手の爪の切り方はコチラから

足の爪の切り方はコチラから

 

ところで、介護職は爪切りをしてもよいの?というご質問を頂くことがあります。

2005年(平成17年)「医師法第7条、歯科医師法第17条及び保 健師助産師看護師法第 31条の解釈につい て」(医政発第0726005号)の通知によると、爪切りや爪の手入れは「爪そのものに異常がなく、周囲の皮膚にも化膿や炎症がない場合のみ 」介護職が行える、とされています。

実際には要介護状態にある高齢者は、足の爪にトラブルを抱えている人が多いので、なかなかそうもいきませんね。そういう場合にはまず、皮膚科の診察が必要です。

専門家による爪のケアを受けた後、よい状態を保つために介護職が、爪切りをすることはできます。もちろん、爪やその周りに異常が見られない時には、日常生活ケアとしてしっかり爪切りをしていきたいものです。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい