眠れないってどういうこと?


介護のプロ道場、今日のお題は
「不眠のメカニズム」です。

それでは問題です。
ぐっすり眠った感覚がないことだけを不眠という。

正解は◯×どちらでしょう?

不眠 睡眠 介護音プロ道場

正解は、× でした!

 

【今日の解説 不眠のメカニズム】

不眠とは、睡眠の開始と維持が、うまくいかない状態のことをいいます。

不眠は、以下の4つのタイプに分けることができます。

入眠困難:寝つくのに2時間以上かかる。
中途覚醒:睡眠中に2回以上目が覚める。
早朝覚醒:いつもより2時間以上早く目が覚める。
熟眠障害:ぐっすり眠ったという満足感がない。

このような状態が続き、昼間の眠気で苦痛を感じたり、生活に支障を来した時に、不眠症と診断されます。

現代人の約5人に1人は、睡眠不足の状態、あるいは睡眠の質が悪いままで日常生活を過ごしている、と言われています。

 

それでは、不眠の原因にはどのようなものがあるのでしょう。
いくつかの要因が混ざり合っていることが多いのですが、一つ一つ挙げてみたいと思います。

①心理的なストレス:不安や緊張は、交感神経が優位となり、睡眠を妨げます。また眠らなければと考えることで緊張して、不眠の悪循環に陥る場合もあります。

②体内リズムの乱れ:交代制勤務や時差などのリズムの乱れ、朝の日照不足、食事、運動などの日中の活動の乱れなどで、睡眠パターンが乱れてしまいます。

③環境:音や光、温度や湿度が適していない睡眠環境により、睡眠を妨げます。

④刺激物:覚醒作用のあるコーヒーや紅茶などに含まれるカフェイン、たばこに含まれるニコチンなど。またアルコールを寝る前に飲むと、夜中に覚醒しやすくなります。

⑤加齢:加齢により睡眠機能が低下するため、体内時計が前進して早寝早起きになる傾向があります。また、眠りも浅くなりがちです。

⑥からだや心の病気:かゆみや痛み、苦しさ、頻尿により、睡眠が妨げられます。また、うつ病、統合失調症、認知症なども睡眠覚醒パターンが乱れることがあります。

 

脳の視床下部には、概日リズムを作り出す体内時計があります。また睡眠中枢は、視床下部の前方にあり、視床下部の後方にある覚醒中枢の働きが抑えられることで、睡眠状態に入ります。

精神的、身体的にもストレスを受けると、身体の調整が必要になりますし、日々の生活リズムが乱れると、体内時計も影響を受けてしまいます。

自律神経も、体内時計も、そして睡眠・覚醒中枢も同じ視床下部に存在しているため、それぞれが影響しあい、様々な刺激や不調から、不眠の症状が出現してしまうのです。

では,どのようにしたらよいのでしょう。
次回は眠りやすくする日常生活の工夫についてのお話です!

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい