睡眠時無呼吸症候群って、身体に悪いの?


介護のプロ道場、今日のお題は
「睡眠時無呼吸症候群とその影響」です。

それでは問題です。
睡眠時無呼吸症候群は、身体に影響は及ぼさない。

正解は◯×どちらでしょう?


IMG_3068

正解は、× でした!

【今日の解説 睡眠時無呼吸症候群とその影響】

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に繰り返し無呼吸(呼吸が止まること)を低呼吸を起こす病気です。

昼間に集中力が低下したり、眠気が強くなったり、さらには心臓へ負担がかかったり、血圧が高くなったりと、身体に影響を与えてしまいます。

無呼吸とは、呼吸が10秒以上完全にとまった状態のことです。1時間あたりの無呼吸が5回以上ある場合には、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

 

それではなぜ、睡眠時に無呼吸が起こるのでしょう。

睡眠中には筋肉が緩みます。筋肉が緩んでいても、通常であれば気道(空気の通り道)は空気がある程度通れるように保たれているのですが、扁桃肥大などで喉の奥が腫れている方や、首回りに皮下脂肪がついている方などは、圧迫されることによって気道が狭く、又は詰まってしまうために、呼吸が止まってしまうのです。

それ以外にも、顎が小さめな方は、舌の占める割合が高くなるために、気道を圧迫することがあります。

気道が狭くなると、空気抵抗が大きくなり、気道の抵抗音や振動音として音が出ます。これがいびきです。
いびきをかいている時には、空気を取り入れている量が少なくなっている場合があります。

 

睡眠中には、多くの酸素を送って、脳を休ませることが必要なのですが、無呼吸を起こすことで睡眠が分断される、つまりしっかり脳を休ませることができなくなります。

その結果、集中力が低下したり、日中にたえられない程の眠気に襲われたり、場合によっては自分では気がつかないうちに眠ってしまうこともあります。

 

また、睡眠中に脳に酸素が足りなくなると、なるべく酸素を運ぼうとするために赤血球が増えたり、自律神経は血圧を上げるように働きますので、高血圧を起こしやすくなってしまいます。動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性がある、実は怖い病気でもあるのです。

 

睡眠時無呼吸症候群を診断するには、終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)を行います。

この検査は、頭や顔などに電極を貼りつけ、一晩眠っている間の脳波や呼吸、眼球、筋肉の動きなどを記録し、睡眠の状態について調べるものです。この検査は入院が必要ですが、簡易ポリグラフ検査といって、自宅でスクリーニングできる場合もあります。(医療機関によもよります)

 

治療としては、軽症の場合には、マウスピースのようなものをつけることで、気道を確保し、症状が改善することもあります。

しかし重症の場合は、CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)を行います。

これは睡眠時に鼻にマスクをつけ、圧力を加えた空気を送り込む治療法で専用の機械が必要です。機器が小型化しましたので、自宅でも使用でき、健康保険の適応にもなっています。

 

日常生活の注意では、肥満が原因となっている場合には減量が必要です。また、アルコールを摂取すると、睡眠時に筋肉が弛緩しやすくなってしまうので、控えるようにしたいものですね。

次回も睡眠に関わる病気についてお話ししますね!


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい