AEDについて


こんにちは。

介護のプロ道場、主宰者の桑原紀子です。

 

先日ある講座で「急変時の対応」についてお話しさせていただきました。

急に起こる心停止。決して他人事ではありません。

心筋症や心筋梗塞などの病気だけでなく、例えば胸を強打することで、心臓が痙攣してしまう・・・と言うこともありえます。野球をしているお子さんが、胸に打球を受けたことで心停止、というニュースも記憶されている方も多いかと思います。

そんな時に有効なのがAED(自動体外式除細動器)です。

AED 自動体外式除細動器

 

身体の中で血液を最も必要とするところ、それは「」です。

 

心臓が血液を送れなくなると、3~5分で脳の機能が失われてしまうと言われています。

残念ながら3~5分では救急車は到着しませんので、その間の心肺蘇生が必要となるわけです。

AEDとは、自動体外式除細動器といって、心室細動(心臓がワナワナと震えている状態)が起こった時に、電気ショックを与えることで、心臓を普通の動きに戻す機械なのです。

 

いろいろサイトを見てみましたが、AEDメーカーの1つであるオムロンのサイト が見やすいかと思います。

 

倒れている人がいたら・・・

 

意識を確認しながら、応援を頼みます。

大きな声で「大丈夫ですか」と意識を確認します。

脳卒中などで意識がない場合もあるので、身体を揺り動かさないほうがよいでしょう。

 この時、「誰か助けてください」と言っても、なかなか動いてくれない場合もあるので、

特定の人を指差して

「あなたは救急車を呼んでください」

「あなたはAEDを持ってきてください」

と指名してしまうのがよいと思います。

 

呼吸の有無を確認します。

胸の上下で呼吸を確認します。 呼吸があれば、身体を横にして、救急隊の到着を待ちます。

 

呼吸がなければ、心臓マッサージを行います

方法はオムロンのWebサイトに図解されています。動画でも見ることが出来ます。

 

AEDを装着します。

AEDにはわかりやすくどこにつけたらいいのか書いてありますし、音声ガイドで教えてくれます。オムロンのWebサイト

電気ショックが必要かどうかもAEDが判断してくれます。

 

※AEDが「電気ショックは不要です」とガイドすることもあります。

 完全に心臓が止まってしまった場合には、AEDによる電気ショックは効果がありませんが、心臓マッサージは必要です。

 

AEDの講習は消防署、自治体、メーカーなどでも行っています。施設や地域の防災訓練でぜひ体験してみましょう!

 

 

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい