高齢者の平熱ってどれくらい?


 

介護のプロ道場、今回のお題は
「高齢者の平熱」です。

それでは問題です!

「高齢者の平熱は、一般的に高めである。」

さて、正解は、でしょうか? ×でしょうか?

IMG_0331

正解は、×でした!

【本日の解説 高齢者の平熱】

成人の正常体温は36~37℃未満ですが、高齢者は体温が35℃代と低めになることもあります。

そもそも体温とは、熱を作る(産熱)熱を出す(放熱)によって一定の範囲に保たれています。

熱は、筋肉の収縮・食事・運動・興奮あるいは感染などで作られます。作られた熱は、衣服や暖房、血管を収縮させること維持されます。

また、発汗・血流の増加・呼吸数の増加・冷房・衣服を脱ぐ・冷たい飲み物を飲む、などで熱を身体の外に出します。
高齢者は基礎代謝や血液循環の低下皮下組織の減少により、体温が低くなりがちです。

 

一日の中でも変化があり、早朝が最も低く夕方が最も高くなります。
活動しているときは高くなり、眠っているときは低くなります。

 

高齢者の平熱は低めになりやすいですが、個人差もありますので、毎日同じくらいの時間に体温を測り、平熱を知っておくと良いでしょう。

 

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい