体温ってどのくらいがマズいの?


介護のプロ道場、今回のお題は
「体温の異常」です。

それでは問題です。

「38℃以上を発熱という」

さて、正解は ◯ でしょうか? ×でしょうか?

介護のプロ道場 

正解は × でした!


【本日の解説 体温の異常】


37℃以上(平常体温より1℃以上上昇したもの)を発熱39℃以上を高熱といいます。

発熱がある場合には、まず感染症を疑います。
しかし高齢者の場合、基礎代謝が低下しているため、感染症がある場合にもすぐには高熱にならない事もあります。

脱水症甲状腺機能亢進症膠原病の場合にも体温は高くなります。


35℃以下のものを低体温といいます。

老衰全身の衰弱栄養失調甲状腺機能低下環境温度の低下などで体温の低下が見られます。

体温が普段と違う時には、体温と合わせて、だるそうではないか?いつもより眠っている時間が多くないか?顔色はどうか?温度はどうか?食事はとれているか・・・など観察をして、速やかに医療従事者に報告をしましょう。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい