今さら聞けない脈拍の測り方


介護のプロ道場、今回のお題は
「脈拍の正しい測り方」です。

それでは問題です!

「脈拍は通常、尺骨動脈で測定する。」

さて、正解は ◯ でしょうか? ×でしょうか?

介護のプロ道場 脈拍の測り方

正解は × でした!


【本日の解説 脈拍測定の方法】

脈拍は一般的には手首の親指側にある橈骨動脈(とうこつどうみゃく)で測定します。

人差し指、中指、薬指の3本を並べて、橈骨動脈に軽くあて、1分間の脈拍を測定します。

親指は、指の中でも使う事が多く、皮膚が厚いので、触感が鈍い事があります。そこでその他の3本の指を使って、脈拍を測ります。

その他、肘の内側の上腕動脈首にある頸動脈大腿部の付け根にある大腿動脈で測定する事もありますが、測定のしやすさから手首の橈骨動脈で脈拍を測ることが一般的です。

ただ、急に体調が悪くなったりすると、手首などの身体の端での脈拍が触れづらくなります。まずはご自分の身体で、「動脈が触れる場所」を確認しておくと良いですね。

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい