介護の専門家としての「接遇」を考える


9月20日、社会福祉法人日本フレンズ奉仕団様にて、接遇に関する研修を担当させていただきました。

接遇研修と言えば「マナー」?、「言葉使い」?、「おもてなし」?

いえいえそれだけではありません。

接遇研修

今回は介護の専門家として、「話してよかった」と利用者様に思っていただけるような関わりについて、スタッフの皆様と共に考える研修を企画してみました!

 

介護場面のロールプレイングの後、グループワークをして早い者勝ち?の発表で、事例の中から良いところ、改善するところ、第三者としての「捉え方」を考えていきます。

ついつい使ってしまいがちな「大丈夫」は本当に大丈夫なのか?など、高齢者とのコミュニケーションの基本についても、事例の中から掘り下げてお話させていただきました。


お仕事の後にも関わらず、皆様積極的に参加していただきまして、ありがとうございました!

 

研修に関するお問い合わせはコチラからお願いします!

 


介護のプロ道場 365日メール講座は
こちらのフォームからお申し込み下さい。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)


※メールの受信制限をされている方は、

mail@kaigopro-dojyo.com を「受信可」に設定をお願いします。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい